ヘッダー

接客マナー

接客マナー 外国人旅行者(トイレ利用)

    

スポンサーリンク



近年、外国人旅行者が非常に増えました。

 

来日する外国人旅行者の層も幅広くなり、経済的に非常に恵まれた人たちだけでなく、他国の一般国民旅行者が非常に増加しました。

 

その中で最も大きな問題になっているのがトイレ利用に関するマナーの問題です。

 

日本のトイレの使い方が分からない。

 

こういった外国人旅行者が非常に多いのです。

 

そのため、トイレの至る所に汚物が付いていたり、汚物がゴミ箱の中に入れられていたり、小便器の方に汚物が入っていたりと色々なことが起きています。

 

私が先日ヒアリングしたホテル経営者の方からも非常に深刻な問題になっていることをうかがったところです。

 

また、飲食店では日本人のお客様が激減するという事態に発展しているケースもあります。

 

外国人旅行者に対してトイレの使い方をしっかりと明示しなければいけません。

 

英語と中国語による説明だけでは全く足りない状況になっています。

 

この場合、「絵」で示すことが非常に効果的です。

 

トイレに対する意識や清潔さに対する意識も日本人とは大きく異なる場合があります。

 

日本人の意識であれば、分からなかったら確認するのが当たり前で普通だと思いますが、そのような意識自体がそもそも一致しない場合があるのです。

 

その中で何がNGで、何がOKなのか。

スポンサーリンク


トイレに関しては絵でこれを明確に誤解なく、伝える努力が必要です。

 

そのためには、日本のトイレが分からない外国人旅行者がどのようにトイレを利用しているのかを知る必要があるでしょう。

 

その多くに見受けられるケースとして便座には反対に向いて座った上で、さらに座る場所を足の踏み場にして用を足すというものがあります。

 

このような姿勢はNG!!であると示す必要がありますし、和式便所においても反対向きに座ることが多いようです。これも同様にNG!!であると絵で示す必要があります。

 

また、汚物をゴミ箱の中に入れたり、男性用小便器の中に入れたりとすることもNGであることを絵で明示するようにしましょう!!

 

また、ホテルや飲食店ではこの点に関して特に入念な対策を行う必要があります。

 

これらの対策がしっかりと出来なければ、日本人のお客様が激減してしまいます。

 

しかも、このようなことで離れていったお客様を取り戻すことは非常に困難であることを認識しておきましょう。

 

外国人旅行者が理由で接客品質や接客マナーの低下が発生するようではいけません。

 

東京オリンピックに向けて、このトイレ事情は国家問題に発展すると思われます。

 

旅行者だけでなく、色々な外国人労働者も非常に多くなっている状況下にあり、国家としての対策も急務であると思われます。

 

接客の現場でこのような事を待っているわけには当然いきません。

 

トイレに関する明確な行動を起こしていきましょう。

 

トイレが汚いところでは間違いなく接客サービス品質は低下します。

 

外国人だけではなく、日本人によるトイレ利用のマナー向上も合わせて積極的にトイレの美化活動を進めていくようにしましょう。

 

外国人旅行者により発生しているトイレ問題は、我々日本人が当たり前にしている習慣が財産であることを明確に示していると思います。我々日本人は、このサービス品質を維持しさらに発展させることで世界トップのサービスを提供出来るものと思います。

 

接客で一流を目指す次の世代は、世界に羽ばたく世代になると思います。次の世界を見据えて各国のトイレ事情を知っておきましょう。

 

スポンサーリンク


 

 
●教材DB●
  接客・集客・会話術教材のデーターベース