ヘッダー

接客マナー

接客マナー レジ打ち

    

スポンサーリンク


レジでの接客で絶対に欠かせないこと

販売があればレジ打ちがある。

 

レジでの接客マナーには大切な点が2点あります。

 

それは正確であること。

もう一つは優先順位です。

 

レジでの接客では、常にこの2点だけは意識を欠かすことがあってはいけません。

 

正確であるということは、当然ですが、お金に直接関わる仕事なので、速さよりも正確さが何よりも大切です。

 

それから、もう一つは仕事のスピードです!!と言いたいところですが、実はスピードよりも重要なことがあります。

 

レジ打ちでは、この点をおさえているかどうかが非常に重要です。

 

優先順位に関する意識がないというだけで、お客様を激高させてしまうことだってあるのです。

 

スピードが少し人よりも遅いというだけで、お客様を激しく怒らせることは少ないと思います。

 

以前、私が休日に郵便局に行ったときのことです。

 

もちろん、休日なので通常業務ではない状態で、休日郵便受付ということで、別の窓口での対応時のことです。

 

中には2名の郵便局員さんが受付対応をされていました。

 

私が郵便局に入ったときには既に多くの人が並んでいる状態で、局員さんは、忙しそうにそれぞれの配達物に応じて対応をしていました。

 

郵便局といっても、今は色々な種類の郵便物があるため、複雑で手間のかかる受付もあるようでした。

 

あまりにも待ち人数が減らないためか、手空きなったためなのか分かりませんが、3人目の人が受付の対応を始めました。

ですが、レジは2台のみ。

スポンサーリンク



一人の局員さんがレジ打ちで手間取っている最中に、後から来た人が次のお客様の郵便物を受け取った後、手間取っている局員さんレジ打ちの手伝いを始めたのです。

 

そのレジ打ちが終わらないことには、自分がレジを打てなかったためです。

 

お客様の待ち行列の列は1列のみ。

 

空いた方へと後続のお客様は流れていきます。

 

結局、後から加わった局員さんが郵便物を受け取ってから、隣のレジでは次々にお客様の対応が終わり、4名ほどの対応が完了していました。

 

早く来ていた人が、待たされる結果となり、待たされた男性は激高したのです。

 

時間がなかったようなのです。それから、はじめに言い訳のような事を郵便局員さんが言っていたことにも怒っていたようです。

 

その後、自分の郵便物を受け取って、そのまま別の人のフォローにあたったこの局員さんはこっぴどく叱られていました。

 

中から別の局員さんも出てきて事情を確認した上で、ひたすら謝っていました。

 

接客販売でのレジ打ちでは、常に優先順位を意識してなければいけないことを示す事例です。

 

優先順位の意識があれば、即座にもう一人のレジ打ちの人に郵便物を預け、対応をお願いしていたことでしょう。

レジ打ちの接客マナーは、正確さと優先順位です。

 

これだけは絶対に欠かしてはいけません。

 

お客様がどんなに多く列を作ったとしても、それぞれのお客様に対して正確性は絶対に維持しなくてはいけません。

正確性が担保されないほどに、急いではいけないのです。

 

そして、優先順位を担保できないほどに、急いでもいけないし、状況を見失わないように注意する必要があります。



スポンサーリンク



 

関連接客動画

[演技メイン] 接客コンテストグランドチャンピオン大会
演技をメインとして編集したバージョンになります。 出場者の各演技を約30秒、受賞者は約60〜120秒ご覧頂けます。 2015年3月11日に株式会社チェッカーサポートが贈る 「接客コンテストチャンピオン大会」が開催されました。 過去4回開催された接客コンテストの優秀者11名だけが、 出場出来るグランドチャンピオン大会。 チェッカーサポート全スタッフ約5000名のグランプリが ついに決まりました。 トップクラスの演技が披露され、表彰式では悔し涙を流す人も現れ、とてもハイレベルな大会になりました。 接客コンテストグランドチャンピオン大会の模様を、 是非ご覧ください! チェッカーサポート公式サイト

[演技メイン] 接客コンテストグランドチャンピオン大会

●オススメ接客マナー動画●
平林都 動画まとめ1
飲食店マナー動画まとめ1
売れる接客動画まとめ1
売れる接客動画まとめ2

●教材DB●
接客・集客・会話術教材のデーターベース