ヘッダー

接客マナー

接客業の範囲について

    

スポンサーリンク


接客業の範囲を限定しない方が良い

接客業といえば、通常はレストランやカフェなどのウエイターやウエイトレス、それからアパレル販売員を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

ですが、接客の範囲というのは非常に広大に広がっています。

 

なぜでしょうか?

 

それは、お金のやり取りが発生する限りにおいて、多くの場合、お金を支払う方がお客様であり、逆にお金を受け取る方は、何らかの商品やサービス提供者となるからです。

 

この観点だけで考えれば、経済社会で生きている人は常になんらかの接客業に従事していることになります。

 

研究職で常に研究ばかりしているという人は、実際に接客ということを意識しない人がほとんどだと思いますが、この研究も当然経済活動の利潤を求める活動が背景にあり、もちろんその先にはお客様があるはずです。

 

医師や看護師も、接客業とは捉えない風潮がありますが、実際には多額のお金を患者様から受け取る接客業という見方をすることができます。

 

お金を払っているにも関わらず、偉そうに上から言われるということなら、他の医者を探したいという人は意外と多く存在すると思います。

スポンサーリンク


ですが、医師という職業自体が独占的資格を持つ職業であることから、あまり強く言えないし、逆に面倒だから何も言わずに他の医師に見てもらおうと思っている人は多いと思います。

 

独占的資格を保有している職業の人は、接客業とは捉えない風潮がありますが、このような人ももちろん接客業に従事していると考えてよいでしょう。

 

実際にこのような接客部分を改善することで、医師の中でも所得格差が大きく広がっている現実があります。

 

この事実は、接客について学ぶ必要があることを示しているものと思います。

 

医師の場合は、それが言葉を変えて、インフォームドコンセプトというもので出てきたのも、もうかなり昔の話になります。

 

そもそも、お金を支払っているにも関わらず、上から目線で話されるという背景には社会体制があったわけです。

 

今現在、多くの人たちがこの社会体制について明確に認識をし始めているということもあり、医師の接客業化は確実に起こっていますし、今後、この傾向はさらに加速するものと思います。

 

お金の支払いと受け取りがある限り、医師も商売であるということが言えるのです。

 

商売であるならば、お客様を心地よくさせ、感動させ、希望を持たせるということが必須事項になります。
この姿勢が欠落するほどに、たとえ何か正しいことを言っていたとしても、お客様は話を真剣に聞こうとしなくなってしまいます。

 

もし仮に、医師は商売ではないということにするのであれば、国民全員の医療費は無料にすることが必要になってきます。

 

接客というものは、お金のやり取りがある限り、色々な職業に共通していることです。

 

この点のマナー。つまり接客マナーをしっかりとおさえているかどうか。

 

この点が大きな人材価値の違いを生み出しています。

 


もし、接客について一流のものを身に付けたら、あなたは多くの地域、多くの国、どこへ行っても仕事に困ることはなくなるでしょう。

 

お金のやり取りがある場所では接客があるためです。

【関連記事】
清掃に関する認識共有
お客様評価の共有
接客の成果はリラックス
接客マナーと接客術の位置付け



スポンサーリンク



 

関連接客動画

感じよく接客することのメリット  本当に感じのいい接客は必要なのか? 【売れる接客 鈴木比砂江】接客販売講師
マクドナルドとルイヴィトンでトップスタッフとなった自身の体験と基に、 現在は小売業・サービス業を中心に、お客様から価格ではなく、価値で選ばれるための『売れる接客』を広めています。 ◆売れる接客トークメールレッスン(無料)  

感じよく接客することのメリット  本当に感じのいい接客は必要なのか? 【売れる接客 鈴木比砂江】接客販売講師

●オススメ接客マナー動画●
平林都 動画まとめ1
飲食店マナー動画まとめ1
売れる接客動画まとめ1
売れる接客動画まとめ2

●教材DB●
接客・集客・会話術教材のデーターベース